Xcodeのソースコード管理における.gitignoreの書き方

[Xcode] [Git]

最初に作成しておくといい.gitignore

Gitでソースコードの管理する際に余計なファイルまでgitにコミットしないようにするための.gitignoreファイルの記述です。 要は変更されコミット対象ファイルとならないよう「無視する」ファイルリストというものです。

チームでプロジェクトを開いて開発を行う場合、それぞれのPCの設定ファイルが生成されたり、アプリ実行した時の中間ファイルができたりします。 それらを無視して純粋なプロジェクトファイルのみをGitの対象とします。

.gitignoreファイルの作成

プロジェクトのフォルダの場所で.gitignoreファイルを作成します。

touch .gitignore

.gitignoreの内容を編集

テキストエディットなどでファイルを開いて

open .gitignore

以下の内容をコピペします。

# Xcode
build/
*.pbxuser
!default.pbxuser
*.mode1v3
!default.mode1v3
*.mode2v3
!default.mode2v3
*.perspectivev3
!default.perspectivev3
xcuserdata
*.xccheckout
*.moved-aside
DerivedData
*.hmap
*.ipa
*.xcuserstate

# CocoaPod
Pods/*

# others
*.swp
!.gitkeep
.DS_Store

保存をして完了です。

この.gitignoreファイルを作る前にプロジェクトにファイルが存在する場合には、ファイルは無視されずコミット対象ファイルとして候補に上がってしまいますので、プロジェクトを新規作成した直後に.gitignoreファイルを作成することをおすすめします。

Posted_at:2020-04-25